輝く女性~ロールモデルのご紹介~

今回ご紹介するロールモデル

大宮アルディージャ 事業本部 相澤さん
埼玉県では、県内の経済団体とも連携して、企業における女性活躍推進の取組を支援しています。
埼玉県経営者協会では、昨年度からウーマノミクス推進委員会を立ち上げ、セミナーなどを開催して企業の取組を支援しています。
そのような中、同協会が主催した「働く女性のロールモデルを紹介するセミナー」で講演されたプロサッカークラブ・大宮アルディージャの相澤さんのお話が、同世代の女性の気持ちや悩みを持つ女性にとって参考になるのではという情報をいただきました。
 さっそくご本人に取材を申し込んでみたところOKとのこと。
取材当日はちょうど、地域貢献活動として同クラブが毎月1回実施している地域清掃活動の日であったため、
その清掃活動にも同行取材をさせていただきました。

coment_img

現在のお仕事について教えてください。

大宮アルディージャがJ1に昇格した年の2005年から働いています。
 クラブ内には、広報や試合の運営、ファンサービス、グッズ、ショップ運営、ホームタウン(地域対応)、営業などの様々な業務があります。
 現在私が担当するパートナー営業グループでは、主に大宮アルディージャをご支援いただくパートナー企業の窓口をしています。大宮アルディージャは、約140社の企業にご支援いただいておりますが、その中で埼玉県を主な事業拠点とする地元企業約90社で、アルディージャビジネスクラブ(略称ABC)という名のもとに、地元企業同士のビジネスマッチングや、スタジアムを利用した交流企画、地域貢献活動などを行っております。
 「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」というクラブ理念のもと、地元とのつながりを大切にし、少しでも地域のお役に立ちたいと試合以外の日も様々な活動を行っております。
 というのは、大宮アルディージャのホームゲームは年間20日間しかありませんので、365日分の345日にどう過ごすかが、非常に重要になるからです。大宮アルディージャが、地域の様々な場面で懸け橋になれるよう、皆で考えながら日々仕事をしています。
 今日の清掃活動も同じ気持ちで取り組み始め、約10年になります。今では大宮アルディージャの社員だけでなく、さいたま市役所の職員や地域の方々、大宮アルディージャのファン・サポーターの方々など様々な人たちが、この清掃活動に参加しています。どんな方でも気軽に一緒に参加できるのが、この活動の良いところだと思います。

 

家族構成を教えてください。

主人と2人暮らしです。
 主人は元同僚ということもあり、私の仕事をとても理解してくれています。
 洗濯・掃除はもとより、私の帰りが遅い日などは料理も作ってくれています。
 私の仕事は土日勤務が多いなど、夫婦で共通する時間が持ちにくい面もあるのですが、主人が私の仕事やその状況、仕事への思いを理解してくれているからこそ仕事に打ち込めるのだと思っており、とても感謝しています。

 

仕事と生活を両立する上で苦労されていることや、落ち込んだときにモチベーションを上げる方法などがあれば教えてください!

まず私が家庭のことがあまりできていない状況なので、参考にならないかもしれませんという前提で…。夫婦フルタイムで働いていると、共通の時間を持つことはもちろん少なくなります。仕事は非常にやりがいもあり、もちろん給与の面においても満足しています(不満はありません)が、この生活が私たち夫婦にとって、幸せの形なのかなと考えることもあります。そこは悩んでいます。
 仕事では、自分の性格的にも落ち込んだり心の疲れを感じることは少なく、どちらかというと前向きに捉えて乗り越えていこうとチャレンジしていると思っていますが、体力が落ち込んだ時は、スーパー銭湯に行ってリフレッシュしています。

 

女性が働き続けることやキャリアアップに関する考えを教えてください!

母が専業主婦で子供のころ学校から帰るといつも家で迎えてくれていたこともあり、学生時代は、結婚したら専業主婦になりたい(なるものだ)と思っていました。でも大宮アルディージャで働くようになって、いつの間にか仕事に対する考え方が変わり、仕事と家庭の両立をしてみたいと考えるようになりました。仕事ではお金を稼ぐというだけではなく、仕事を通じて得られるものや教えて頂くことがたくさんあると感じるからです。
 年齢や経験によってこれまでも考え方が変化してきたので、自分の気持ちは常々主人に話すようにしています。相談すればアドバイスももらえます。面倒くさがって話をしないと、その間の気持ちの変化や経緯をお互いに知らないまま、心がすれ違ってしまうかもしれません。夫婦がフルタイムで仕事をするなら、お互いの仕事の話もできるだけするようにして、理解を深めておくことがポイントかなと思います。
 話がそれますが、最近自宅を購入したのですが、お互いのイメージを一つ一つすり合わせて話をすることがたくさんありました。別々に育ってきた人間が一緒に暮らして行くわけですから、最初から趣味嗜好が100%一致する訳はありません。色々な物を見たり話をすることで、少しずつ2人の共通の形が出来上がってくることを実感しました。お互いの仕事への理解にしても何にしても、コミュニケーションを取り理解し合うことが重要というのは同じだなと感じています。
 これからも大宮アルディージャに何らかの形で関わっていきたいという気持ちは強いです。 ただこのままフルタイムで仕事をし続けることがよいのかどうかは、子供も欲しいと思っていますし、正直不安な面があります。
 最近の世の中は、女性に限らず男性にも育児休暇が取れる環境や、働きやすい雰囲気ができてきていると思います。ただ一旦退職すると、正社員として再就職することはまだまだ難しいと聞きます。育児休暇を取る人とその人をサポートする職場の人にとっても、一社員の正社員という立場を維持する為に無理や不平不満に繋がるのは嫌だなと思います。これからはライフステージに応じた働き方ができる環境が増え、多くの人が仕事に関わりながら、より幸せな家庭環境ができたらと思います。

 

最後に、同じような悩みを抱えながら頑張っている方、これから頑張ろうと思っている方に対してアドバイスをお願いします!

仕事と家庭の両立については、私自身も結婚してから悩みながら前に進んでいる感じです。先ほども主人への相談やコミュニケーションが重要というお話をしましたが、職場の同僚や上司や両親など、色々な立場の人へ自分の考えや意見を聞いていただき、また他の人の意見を聞かせていただくことを、どんどんすると良いと思います。
 以前、埼玉県経営者協会のセミナーでお話させていただいた際に、自分について棚卸ししてみましたところ、私は何でも「欲しい欲しい人間」だということに気付かされました。「仕事もしたい!家事もしたい!子どもも欲しい!旅行も行きたい!」などなど。つまり同時に全部を欲しがっているのです。でもこれらすべてを同時に完璧に手に入れることは相当な努力が必要です。
 年齢やその時の環境によって、一番大切にしたいことは何かを考えて、一つずつ実現していけるようチャレンジしていきたいと考えています。
 皆さんもぜひ自身の状況について一度棚卸しをしてみてはいかがでしょうか。
棚卸しすることによって、ライフステージに応じて、今何を一番優先にしたいのか?何が自分にとって一番重要なのかということに気付くきっかけになると思います。

会社紹介

大宮アルディージャ

所在地
〒331-8585
埼玉県さいたま市西区大字高木849
社員数
30名(男性27名、女性3名)
業種
サービス業
事業内容
プロサッカークラブの運営
URL
http://www.ardija.co.jp/

このページの上へ

大宮アルディージャ<br>相澤さん

  • 輝く女性~ロールモデルのご紹介~
  • がんばる女性を応援します!
  • 埼玉県働く女性応援メンター~埼玉県メンター制度~
  • ウーマノミクス図書館
  • 働きたい
  • まなびたい
  • キャリアアップしたい
  • 女性の力で企業を元気に!~ウーマノミクスシンポジウム~
  • 埼玉県
  • 女性キャリアセンター