輝く女性起業家~ロールモデルのご紹介~

今回ご紹介するロールモデル

株式会社コッコト 代表取締役 宮本さん
株式会社コッコトの代表を務める宮本さんを知ったのは、浦和コルソで行われたパワーウーマンプロジェクトの1つとして実施されたイベント「笑顔で働きたいママのフェスタ2012」の時でした。
 会場は熱気に包まれ、たくさんの女性がいきいきとイベントに参加していて、このイベントを主催している「コッコト」という会社は、一体何をやっている会社なのだろう?どういう目的で設立された会社なのだろう?と興味を持っていました。
 その後、県のウーマノミクス関連のイベント等にも御協力いただいたりしていますが、当社の代表である宮本さんを皆さんにご紹介することは、たくさんの女性の参考や励みになるのではと考え、今回インタビューしてきました。

coment_img

宮本さんの経歴を教えてください。

 短大を卒業後、できれば働きたくないという気持ちを持っていましたが、とりあえず派遣会社社員になりました。数年はその状況だったのですが、ふと「自分はこのまま適当に働いているだけでよいのか?」という思いにかられ、当時社員8名、うち事務員1名というベンチャー企業の求人をみて、その会社に応募しました。
 その会社に面接に行ったところ、面接の対応をしてくださった社長から、「こんなバカ気な子を見たのは初めてだ」みたいなことを言われ、こりゃだめだろうと思っていたところ、なぜか採用。次の日から来てくれと言われました。
 その会社に行ってみると、実は事務員の方が臨月で、ご主人の転勤ですぐに辞めなくてはいけない状況。事務員を急いで捜さなくてはいけない状況だということがわかりました。
 メインの業務は経理でしたが、経理などやったことがないので、社長から直接仕事を教えてもらいました。でも最初は毎日怒られてばっかりで、泣きながら仕事をしている状態でした。
 仕事が面白いと思ってきたのは2年ほどたってからでした。その会社は自動車を輸出する会社だったのですが、経理である自分がきちんと営業成績を管理できれば、営業計画も立てやすくなることがわかってきました。車は売れているのに、なかなか売り上げが上がらない状況を見て、「輸出をして初めて売り上げがたつので、契約から輸出までの間の期間をなるべく短くすれば売り上げが上がる」と思い、それを営業に指摘し、船会社と交渉したりしてもらうなどの改善をしました。そういった形で売り上げの向上に貢献することができるようになると、仕事がとても楽しいと思えるようになりました。
 結婚してからも、義理の母には反対されましたが、仕事を続けました。(今では 義理の母も応援してくれています。)
 会社もどんどん大きくなり、経理も20人くらいの規模になりました。そのリーダーとして働くようになったのですが、子どもを持つ人が増えて、子どものいない自分に負担がくるようになりました。子育て中の女性を活用すべきかどうかに悩んでいたところ、子育て中の女性の1人が辞めることになってしまいました。その女性が辞めてしまったのは、自分がうまくマネジメントできなかったからだという思いをその後ずっと抱えることになりました。
 一方で、子育て中の女性社員が周囲にとても気を遣って、毎日頭を下げている様子も目の当たりにしました。自分はこんな働き方をするのは息苦しすぎて嫌だと感じ、第一子を妊娠したのを機に、迷いなく子育てを選び、退職しました。
 ところが、子育ては想像以上に過酷で大変でした。(今思えば、赤ちゃんがママを必要とする貴重な時期だったのですが。)子どもが7ヶ月の時に耐えられなくなり就職を希望、就職活動を始めました。が、現実は甘くなく、赤ちゃんがいるからか、能力不足か書類選考を1社も通過できない状況でした。
 そんな中、周囲に毎日頭を下げていた子育て中の同僚のことを思い出し、「時間に拘束されない働き方はできないのか?」と考えるようになりました。とはいえそういった仕事は皆無。無いなら自分で作ればいいと思い、個人事業主になることにしました。
 最初に思いついたのは、仕事をしている女性など、料理をする時間がとれない女性に対して、あらかじめ、材料が計量された料理セットなどを届けるという仕事でした。さっそく税務署に届け出にいったところ、酒税法にひっかかるとのこと。事業を初めてから1年たてば酒を扱える免許を取れると聞き、それじゃとりあえず今まで仕事としていた経理の事務代行でもして、個人事業主になろうと思い、2008年2月に個人事業主としてスタートしました。
 その後、2008年9月に株式会社として起業しました。

 

起業する際のエピソードなどがあったら教えてください。

 個人事業主となったはいいが、何から始めたらいいか、さっぱりわかっていない状況でした。そこで、ネットで調べて、埼玉県創業ベンチャー支援センターに相談にいきました。アドバイザーの人がとても親身になって相談に乗ってくださり、会社のパンフレットを置かせてもらったところ、創業したばかりの人を中心に、何件か仕事をいただくことができました。
 それから、経理業務をするには経理ソフトがいると思い、ベビーカーを押してソフトウェアを作って販売をしている日本橋の会社に行きました。小売店のようなものだと勘違いしていったのですが、実際は営業拠点。その会社は、そもそも大企業向けのオーダーメイド型のソフトを提供する会社で、全く場違いなところに行ってしまったことになります。ところが、小さい子どもを連れて来た人は初めてだということで、社長さんがびっくりして自らが対応してくださいました。社長さんは、自身の奥さんが優秀だったにも関わらず働かせてあげることができなかったという経験を持っていて、私の仕事を応援してくださることになりました。ソフトを無料でくださり、仕事までいただいて帰ってきました。

 

個人事業主から法人化するに至ったきっかけなどを教えてください。

 人事業主として企業等に営業を行い、徐々に仕事が入ってくるようになってきた頃、子どもが1歳になり、動き始めるようになりました。そうすると仕事がちっともはかどらない。はかどらないから納期にも間に合わない!というような綱わたり的な状況が出てきました。そこで2ヶ月後に子どもを保育園に預けて働くことにしましたが、受託した業務を自分でやらずに、業務は登録スタッフにやってもらい、私は営業活動に専念した方がいいのではないかとも思うようになりました。
 また、子育て中の母親が、どのような働き方を希望するのかということに興味を持っていたので、渋谷で「ママになってからの働き方フォーラム」を開催しました。
 Mixiなどで呼びかけたら20人くらい集まりました。皆、子育てに専念したい気持ちもあるけど、その後の社会復帰を考えると不安だと考えていることがわかりました。
 「それならブランクを作らなければいい!ママがちょっとだけ働ける会社をつくろう」と、2008年9月に起業しました。
 登録スタッフ集めは、ブログ等で告知しただけだったのですが、2ヶ月くらいで150人ほどに。ニーズの高さを改めて実感しました。
 その後、子どもを預けられずに困っているスタッフがいたため、「それなら保育室も作ってしまおう!」と「コッコト保育室」も作りました。現在、スタッフ以外の外部の方にも利用していただいています。

 

 起業してから一番つらかったことは何ですか。

 1度目は、リーマンショックの時です。本当に仕事がなくなりました。人材事業なので、景気に左右されてしまう。なるべく固定費をかけずにやってきましたが、保育所の運営経費及び会社の場所代は必ずかかる。死にものぐるいで営業し、本当に小さな仕事でも次につながるかもしれないと思いすべて引き受けました。
 2度目は、東日本大震災の時です。やはりこのときも仕事が激減しましたが、被災地のママたちから、在宅勤務の依頼があり、へこたれている場合ではないと思いました。
 つらくて辞めようと思ったこともありますが、そのたびに、雇用している人がいることや、この会社で仕事をしたことで前向きになれたという方々の声を思いだし、頑張ることができました。

 

 現在、力を入れていることは何ですか?

 経営者としての力をさらにつけるために、埼玉ニュービジネス協議会など経営者が集まる場に積極的に参加し、他の経営者から様々なことを学んでいます。
 また、「ママがイキイキ笑顔になることで元気な日本にしたい」という思いから、ママが自然体で活動できる環境創りをしていきたいと、「PowerWomenプロジェクト」を主催しています。そのほか、ママのプチ起業を支援したり、女性の就業に特化したシンクタンクである「株式会社ウーマンエコノミクス総研」という会社を設立しました。

 

 何らかの形で社会とつながっていたい、子どもがいてもイキイキと笑顔で働きたい、起業してみたいと思っている女性に対して、アドバイスをお願いします。

 世界経済フォーラムによると、日本のジェンダーギャップ指数は、135カ国中101位というひどすぎる状況になっています。
 最近いろいろな会議などに出席する機会が増えましたが、会議に出ると周りは男性ばかりということが多々あります。
 女性が活躍できる社会を築くためには、女性自身も変わっていくことが必要なのではないでしょうか。男性の意識を変えるより、女性自身の意識を変えた方がてっとり早い気がします。例えば、女性も意識を変えて、社長を目指すなど!!
 起業であれば、自身のライフステージに応じた働き方ができますし、何より女性は家庭ではトップ(笑)。会社でもトップになれないわけがないです。「女性でも社長はできるの?」と思われがちですが、むしろ「女性だからできる、社長は女性向き」です。女性は人の好き嫌いでモチベーションが急激に変わる傾向もあります。社長になれば、そういったことに左右されることなく、自分の思ったとおりに仕事をすることができます。
 起業したい、働きたいと思っている人は、まずチャレンジしてみてほしい。
 お金を稼げれば消費もします。それが経済の好循環を生み出し、日本の労働力人口を増やすことにもつながります。
 また、働くことの楽しさを伝えるのは親の責任ではないでしょうか。
 楽しく働いて、ぜひその姿を子どもに見せてほしいです。好きなことをやってほしいし、働きたいと思うなら働いてほしい。できない理由は考えないでほしいです。
 自分が望む働き方が見つかれなければ、ぜひ自分で創っちゃってください!!(笑)

会社紹介

株式会社コッコト

所在地
〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合3-7-13
社員数
社員8名(男性1名、女性7名) 登録スタッフ150名
業種
サービス業
事業内容
事務代行、WEB制作等
URL
http://coccoto.jp/

このページの上へ

株式会社コッコト<br>宮本さん 

  • 輝く女性起業家~ローモデルのご紹介~
  • がんばる女性を応援します!
  • プチ起業 My Story
  • 創業・ベンチャー支援センター
  • J-Net21
  • 県内のインキュベーション施設
  • 資金調達はこちら
  • 起業リンク集
  • 埼玉県
  • 女性キャリアセンター