男性のロールモデルのご紹介

今回ご紹介するロールモデル

株式会社ウイズネット 矢部さん
県の多様な働き方実践企業であるウイズネットさんから、「男性の育児休業取得者が出たので、これでプラチナの仲間入りができます!」という御連絡をいただきました。その男性の方は育児休業を4か月間取得したとのこと。
 育児休業中の子育ての状況や復帰後に向けた準備などをどのようにして行ったのか、ぜひ話が聞いてみたいと思い、さっそくインタビューをしてきました!

coment_img

お仕事の内容と家族構成を教えてください。

 当社は介護サービスを提供している会社です。私は介護業界のケアマネージャーとして働いていて、介護が必要な人の状況や希望にあった介護プランを考えたりしています。妻と4歳の息子、1歳の娘の4人で暮らしています。妻は1人目を出産した後に一度仕事に復帰したのですが、保育料などもかかるし子どもと一緒にいられる時間も減ってしまうことがジレンマでした。そこで夫婦でかなり時間をかけて今後の妻の働き方について考えました。結論としては、妻も介護業界で働いておりデイサービスの管理者を経験するなどのキャリアもある、介護業界は人手不足の状況でもあるため、一度仕事を辞めても再就職は困らないだろう、それよりも多少収入が少なくなってもかけがえのない幼少期の時期を子どもと一緒に過ごしてあげた方がいいのではということになり、妻は退職しました。その後第2子を授かったので、妻は下の子が小学校に入るくらいまでは専業主婦の予定です。

 

育休を取ろうと思ったきっかけや育休を取るまでの職場とのやり取りなどを詳しく教えてください!

 育休を取得する前は、ヘルパーステーションで訪問介護を担当していました。妻が2人目を妊娠したとき、妻は出産を頑張るから自分も何か頑張りたいとケアマネージャーの勉強を始めました。同時に妻のお腹が大きくなってきた5~6か月くらいから、2人目が生まれたら妻も大変だろう、何か妻の手助けができないかと考えるようになりました。そこで思いついたのが育休を取ることでした。子どもの成長を見られるのは今しかないという気持ちもありました。妻に相談すると最初は「育休?取れるの?」という反応でした。(笑)職場には出産予定日の2か月前くらいから相談しました。まずは上司であった男性マネージャーに、「育休取りたいんですけど・・」と相談。上司は「男性も育休取れるの?」と言っていましたが、すぐに会社の人事担当に相談してくれました。人事担当からは、現場が調整できればもちろん取れるとの返事。「1か月程度の育休を取りたい。そしてその間に資格を取ってケアマネージャーとして復帰したい」と自分のキャリアアップについても併せて相談しました。会社も育休取得や資格を取って復帰することを応援してくれました。その結果、子どもが生まれる直前にケアマネージャーの筆記試験に合格し、子どもが生まれてすぐに育休をいただくことができました。妻は出産の2週間くらい前まで本当に育休を取れるのか毎日心配していましたが。(笑)
 育休後、下の子がなかなか落ち着かなかったこともあり、最終的にはケアマネージャーの資格をもらうための義務研修が終わるまで育休を延長し、子育ての合間に研修に通ったり本でケアマネージャーについての知識をさらに深めたりして、無事にケアマネージャーの資格もいただくことができました。結局育休は4か月ほど取り、その間子育ても大いに満喫しました。自分が育休に入ったあとは、自分がサービス提供責任者だったこともあり後任の方を配置していただき、育休復帰時は希望どおり事業所のケアマネージャーにステップアップすることができました。

 

育休中はどのようにお子さんと関わりましたか?また復帰した後はどのように子育てに関わっていますか?

 1人目が生まれて自分が子ども好きだということに気が付いていて、子どもの世話はとても楽しくしていました。妻は出産後実家に帰らなかったので、育休中は家事から子どもの世話、オムツ替え、夜中のミルクまですべてやりました。出産直後の女性は体力的にとても大変です。自分が出来ることはしようと心がけました。そのおかげもあってか子どもは2人ともとても私になついてくれています。何をするにもパパと一緒がいいと言ってくれます。唯一ママじゃないとダメなのは寝るときぐらいでしょうか。
 妻の気持ちや体調の安定が第一だと思っているので、仕事を復帰したあとも自分から「やろうか?」「やるよ~」と言うようにしています。「やってやった」「やっておいたよ」といった上から目線の言葉は間違っても言いません!
 私が働いている間、妻が子どもを見てくれ、ご飯なども準備してくれているからこそ安心して働けていると感謝していますので、出来る限りのことはしたいと思っています。
 妻も口には出さないけどきっと自分に感謝してくれていると信じています!!(笑)
 仕事がある日でも子どもと一緒にいる時間を出来るだけつくるようにしています。自転車やクリスマス会のお遊戯の練習に付き合ったり、おもちゃで一緒に遊んだりしています。下の子どもは私が帰るとハイハイして玄関まで迎えに来てくれます。上の子ももちろん迎えに来てくれます。
 子どもと遊ぶのは本当に楽しいです。妻からは子どもが3人いると言われています。手がかかる子ども2人と手がかからない子ども1人(これは自分)だそうです。
 育休を取ることを理解してくれた上司や同僚にもとても感謝しています。人事担当の方なども「育休を取って子育ての経験をし、しかもスキルアップして帰ってきてくれてうれしい。子育ての経験を仕事に生かしてほしい」と言ってくれています。育休を取らせてもらったのだから会社のためにさらに頑張ろうという思いも強くなり、モチベーションもアップしました。

 

最後に子育て中の男性にアドバイスをお願いします!

 世の中の男性で育休を取る人は2%程度だと聞きます。会社はもっと社員に育休制度のことを周知してほしいと思います。
 そして、もし育休を取りたい気持ちがあるのなら、取れる取れないは別としてまずは思い切って会社に相談してみたらいかがでしょうか。結局は自分1人では決められないことですし、周囲の協力や理解があって初めて取れるのですから。
 ちなみに私はいきなり上司に育休について相談したわけでなく、普段の会話の中でのつぶやきから始めました。
 上司の方はもしかすると「男性が育休?」という世代かもしれませんが、私の上司のように理解してくれる上司も少なくないのではないでしょうか。女性は育休を当たり前にとっていますから、育休自体には抵抗はないと思います。ただそれが男性であるだけで。(笑)
 私の会社は、「育休を取って人生経験を深めて戻ってくれるのなら」ということで認めてくれたと思います。取得後はその期待に報いることも大切だと思います。
 それから子どもにパパっ子になって欲しかったら、ぜひ子どもには「世話をしてあげている」という気持ちではなく、「世話をしてあげたい」と思って接してあげてください。
 介護でも同じですが、「してあげたい」と思っているか「してやっている」と思っているかは本人に伝わりますよ。今しかないこの子育ての時期を思う存分楽しんでくださいね!

会社紹介

株式会社ウイズネット

所在地
〒330-0856
埼玉県さいたま市大宮区三橋2-795
社員数
3,878名(男性1,080名、女性2,798名)
業種
医療・福祉業
事業内容
総合福祉事業
URL
http://www.wis-net.co.jp/

このページの上へ

株式会社ウイズネット<br>矢部さん

  • 男性ロールモデルのご紹介
  • 男性の育児休業取得に積極的に取り組む企業
  • 男性の働き方見直し倶楽部
  • 多様な働き方実践企業
  • 埼玉県
  • 女性キャリアセンター