男性のロールモデルのご紹介

今回ご紹介するロールモデル

株式会社OKIソフトウェア 通信ソリューション事業部 小山さん
埼玉県では、女性が働きやすい職場づくりを進めている企業を「多様な働き方実践企業」として認定しています。実践企業として申請してくださった株式会社OKIソフトウェアの担当の方とお話をさせていただいた際に、「女性だけでなく、男性も仕事と生活が両立できるよう、働き方の見直しを進めています」とおっしゃっていたのがとても印象に残っていました。実は、男性の働き方の見直しは、女性が活躍できる環境を作るという意味でも、男性が生活も大事にできるという意味でもとても重要。そこで、この会社で働いていて、新米パパでもある小山さんにインタビューをさせていただきました。

coment_img

家族構成を教えてください。

 妻と2ヶ月になる子どもと三人暮らしです。妻はシステムエンジニアとして働いていて、現在育児休業中です。自分の両親も妻の両親も車で1時間半程度はかかるので、妻の復帰後は、基本的には自分たちで仕事と子育てを両立していく形になります。

 子どもが1歳になってしまうと保育園に預けにくくなるので、妻とは0歳のうちに妻が復帰するという選択肢も含めて話をしています。

 

お仕事の内容はどのようなものですか?

 プリンターに搭載されている無線LAN機能の開発をしています。納期が近くなると帰りも遅くなりがちですが、自分が開発に携わったプリンターが市場に出たり、その製品のCMや広告を目にしたりすると、モチベーションが上がります。(笑)

 現在、プロジェクトリーダーやチームマネージャーから、いろいろなことを学んでいます。今の目標は、技術はもちろんですが、人をまとめていける様な能力を身につけ、プロジェクトを効率よく進めて行ける人材になることです。今のプロジェクトリーダーの代わりが出来るくらいのスキルが欲しいです。

 

どのようにして仕事と子育てを両立していますか?

 会社のフレックスタイム制度を利用し、1時間程度の時差出勤をしています。朝は妻が家事で忙しいので、その間子どもの面倒をみています。会社の制度に助けられています。それから、今は子どもが夜10時くらいに、一度目を覚ますことが多いので、遅くても8時か9時には帰れるように、スケジュール管理を明確にして仕事をするようにしています。今の職場は、休暇も比較的取得しやすく、急な用事が出来たときには大変助かっています。また、上司が早く帰るように言ってくれたりするなど、周囲の方々の理解もあり、大変恵まれていると感じています。

 

奥様が仕事を続けることについて、どう感じていますか?

 妻の能力はとても高く、一人の人として、同じ技術者として尊敬しています!

 妻には、自身が頑張って築き上げてきたキャリアを中断して欲しくないですし、妻が満足・納得できるような仕事をしてほしいです。そのために何か自分にできることがあればしていきたいです。妻が育児だけに専念するよりは、外とのつながりも保って欲しいとも思っています。

 妻とは、「どちらかがきつくなるまでは頑張ってみよう」と話しています。

 妻と自分の立場は対等と考えており、子育ても家事も、自分は妻のお手伝いだとは思っていません。それは、妻の仕事ではなく二人の仕事。その場の状況に応じて自分ができることをしているつもりです。

 とはいえ、妻は、家事も子育ても率先してくれるので、それに甘えている部分もあります。妻にはとても感謝しています。

 

子育てしている女性を見ていて思うことは?

 今の日本社会では、女性には、出産を機に、「仕事を今までどおりの形で続けていくのか、それとも辞めるのか」という2択しかない気がします。男性はそのような状況にはなりません。男女平等と言われていますが、そういった意味では、まだまだ全然平等じゃないですよね。

 多くの女性は、いわゆる「家事や子育ては女性がやるもの」といった固定観念に縛られて、大変な思いをされていると感じています。男性が率先して、そういった固定観念に女性が縛られることのない環境づくりを行っていけば、女性が活躍できる場ももっともっと広がるのではないかと思います。“主夫”が増えたら社会がどう変わるのか、ちょっと興味があります(笑)。

 

最後に、同じような立場の男性に対してのメッセージをお願いします。

 子育ては楽しいです。子どものおふろの時の顔や、おむつを替えている時のすっきりした顔、ミルクをあげている時の顔、あやしている時の顔、すべて違います。見ていてとても面白いですし、日々表情が変わり、成長していくことに感動しています。子どもと接する時間を持つことで、仕事も頑張ろうという気持ちになります。皆さんにも、子どもと一緒に過ごす時間をぜひ大切にしていただき、子育ての楽しさを味わって欲しいと思います。

 

 

 

会社紹介

株式会社OKIソフトウェア

所在地
〒335-8510
埼玉県蕨市中央1-16-8 OKIシステムセンター内
社員数
1214名
業種
製造業
事業内容
ソフトウェア、システム構築サービス、SI/ソリューションサービス、
コンサルティング、アウトソーシング
URL
http://www.oki-osk.jp/

このページの上へ

株式会社OKIソフトウェア<br>小山さん

  • 男性ロールモデルのご紹介
  • 男性の育児休業取得に積極的に取り組む企業
  • 男性の働き方見直し倶楽部
  • 多様な働き方実践企業
  • 埼玉県
  • 女性キャリアセンター